2019年11月07日

判定

審判の公正を期すため,今ではチャレンジやラグビーでおなじみになったTMOなど,殆どの競技でビデオ判定が採用されています。かっては審判の判断は絶対であり,たとえグレーな部分があったとしても,怒り心頭に発した監督が猛然と抗議したとしても,審判の下した判定がくつがえることはありませんでした。

試合が終わったあとのスポーツ・ニュースなんかで,あれれやはり誤審じゃねえかよ,と判明しても,もちろん後の祭り。されど,それに対して<あのミスジャッジした審判はけしからん>と非難に出る人はまれ,<審判とて人の子,まちがえることだってあるわいな>と妙に納得してしまうことに。それゆえ,人の子である審判をいかに味方につけることができるか,というメンタルなかけひきも重要な戦略となったわけです。

話は少し変わって,
意図せぬ失言というより,むしろ本音に近い放言がもとで,来年から始まる新たな大学入試科目・英語の本質的で致命的な欠陥が白日のもとににさらされてしまい,非難ごうごうで引っ込めざるを得なくなってしまいました。

更に,所定の字数内にまとめる国語の文章題の採点の殆どが,おそらくバイトの採点者でなされるため,こんなんじゃ採点の公平性が保たれないよ,とネットで署名を集めた現役高校生たちから指摘されるまでに。

私の今のバイトがまさしく素人の添削者や採点者であるだけに,現役高校生たちが指弾する懸念はいたいほどわかります。

推定50万人の受験生の採点を一定期間で行うのであれば,かりに1人が50人分の答案を採点するとしても,1万人規模の採点者が必要です。採点者が教員経験者ならともかく,どこからか寄せ集めたバイトの採点者であれば,受験生の学力がバラバラなのと同じように,あるいはそれ以上に,その力量もバラバラなはず。

なので,採点の公平性は担保できず,有利・不利が生じてしまうという不安は絶対に解消できません。その理念や趣旨は理解できるとしても,手法という点において,まったく中途半端でいい加減なスキームを作って実行に移そうとする人たちの責任は重たいな。

大学入試制度を選抜の場としてではなく,小学校から大学に至るまで,それぞれのパーソナリティに応じた,連続する学びの場とするような,画期的なシステムを誰か本気で考えてくれない限り,こんなバカげた話が立ち消えることはなさそうですね。

2019.11.7 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 11:37| 諸々 | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

秋天2019

上旬までやたら暑い日が続き,その後は台風のために天気も思わしくなく,本来であれば最もさわやかであるはずの10月がとんでもない番狂わせとなってしまいましたが,久しぶりにお馬の会の当番がまわってきました。もちろん,秋の天皇賞を。

始まる前から,アーモンドアイとサートゥルナーリアの2強で決まりみたいな雰囲気がありますが,<絶対はない>のが競馬であり,2強とか3強と騒がれていても,それで決まったためしは滅多にありません。

アーモンドは春の安田記念でほぼ一本かぶりの1番人気となったものの,スタート時の不利を取り戻すことができず,3着に終わってしまいました。不利さえなければ圧勝できたという事後評価は十分うなずけるところですが,スタートや道中でアクシデントが仮にあったとしても涼しい顔して勝つのが真に強い駒。それゆえ,不利がなくても勝てなかったかもしれないという見方も逆に成り立つのでは?,かなりヒネクレ者の見方ですが。

また,サートゥルは同世代の中では突出していることに疑いの余地はありませんが,それなら歴戦の古馬を凌ぐほどかと問われれば,自信を持って断言できません。4着に負けたダービー以外の5勝は全て右回りなので,あんがい東京コースが苦手なのかもと気になってしまいます。

狙い目はむしろ,左回り巧者で府中のコースにめっぽう強い,ワグネリアン,スワーヴリチャード,ユーキャンスマイルの3頭かもしれません。

ただし,さいぜんの2強は外すことはできないので,2強+上記の3頭で,3連複のボックス10点とすることにしましょう。

2019.10.24 いろは
posted by Don and Mama Mind at 07:53| 競馬観 | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

まちぶせ

ランチをすませたあと,とりわけ若い女子がお茶をしながら噂話なんかに花を咲かせる喫茶店を見つけだしては,自分が誰だかわからないように変装し,にぎやかな女子のグループが近くに陣取るやいなや,あっちこっち目まぐるしく飛び火するその話にじっと耳をかたむけていたそうです。

N0886.JPG<実は,そんな噂話の中から詞や曲がうまれることもあるんです>,そんな風に記者の質問にこたえていた記事を週刊誌かスポーツ新聞で目にしたのは,ずいぶん昔のことですが,年頃の女子の話す言葉にインスパイアされた人とは,当時全盛期の荒井(松任谷)由美さんのこと。

斬新なアイデアにあふれる彼女の作品はそんなに多く聴きこんだことはありませんが,石川ひとみさんが歌って大ヒットした<まちぶせ>がやはり大好きです。オリジナルは三木聖子さんに提供されたものですが,その5年後にカバーした石川さんによって大ブレークすることに。

三木さんの実体験ストーリーを聞いた荒井由美さんが詩曲を作ったそうですが,石川さんにも似たようなな体験があったとのこと。

ついでに蛇足ですが,私の家内も歌詞と変わらない<まちぶせ作戦>を用意周到に計画し,みごと成功に導いた友人がいることを,実名をあげて私に話してくれたことがあります。

今なら,SNSを通じて気軽に出会いを実現することも可能になりましたが,通信手段が手書きの手紙とか有線の電話機しかなかったアナログな時代において,更に,女子が積極的にアプローチをすることがあまり好ましいことではなかった風潮下において,女子の取りうる最強かつ効果抜群のツールだったに違いない。

石川ひとみさんのように可憐で清楚な女子がひそかに想いを寄せてくれ,どこか街角でまちぶせしてくれてたらどれほど幸せか,という実現がほぼ困難な淡い期待だったぶん,妙に大きなインパクトを残したのでしょうね。

想いを寄せてくれる人も,まちぶせしてくれる人も,結局出現しないまま多感な時期がすぎてしまいましたが,まあ,もてる奴より,もてへん奴のほうが断然多いのだからして,確率考えたらしゃあないで,としておこう。

◆ 石川ひとみ 「まちぶせ」

2019.9.16 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 17:53| 周辺 | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

夜空の向うに

C−C−C−C−C−C−C−C−C−C−C−C−O (C=炭素,O=酸素) のように炭素が長くつらなる原子構造は,細胞膜のそれによく似ていて,おそらくこれがヒトを含むあらゆる生命体の<命の根源>となったのではないかと推測されているそうです。

N0887.jpg 40数億年前に太陽系が誕生してまもなく,創成時の木星や金星など大きな惑星の大移動が起こり,移動する際,周囲にある無数の小惑星をあちこちに押しやることになり,そのさいの衝突なんかによって,破壊された惑星のカケラ(隕石)が誕生したばかりの地球にもまいおりることに。

 そのカケラに含まれた冒頭の炭素棒(便宜上のなまえ)が,気の遠くなる歳月をへたのちに,生命の原形のようなものとなり,なにかのはずみで原始的な生命体が生まれたのではないかということ。この炭素棒は地球上にあったという確たる痕跡は見あたらず,それゆえ現在のヒトを頂点とする生命体の源は小惑星のカケラであっただろうと。

ことし6月大きなニュースとなった<はやぶさ2号>がすごかったのは,小惑星リュウグウに特殊な弾丸で地表に穴をあけ,周辺に飛びちったカケラ(惑星内物質)を採取するミッションに成功し,それを持ち帰って分析すれば,地球の生命体の誕生を解きあかすうえで重要な手がかりとなるから。

以上,NHKで放映されていた内容のごくごく簡単なダイジェスト。

さすれば,広大な宇宙には,生命体があふれる地球と同じような条件のそろった星が無限にあるはずで,生命体も無数に存在している可能性も。

むろん,その発生した経緯や環境はさまざまなので,ヒトと同じような高度な知力をそなえた生命体が頂点に立っているだけではなく,太古の恐竜のように原始的な巨大生物がその星を支配している最中だったり,へんてこりんな形をしたアメーバみたいな,とらえどころのない生命体が高度な文明・文化を構築していることも考えられます。

地球の生命体は,ヒトに限らず,子孫を後世に伝えなくてはならないという強烈な本能を造物主よりさずけられています。されど,ヒトは知力がおどろくほど高くてかしこいぶん,考えかたや生きざまの違いなどによって,想定だにしなかった,子孫繁栄とは結果的にあいはんする,無用なあつれきや争いごとを繰り返すことも。ただ,こんなロスは造物主の計算内なのでしょうが。

そんな生命体を進化させてやまなかった闘争本能とは無縁で,手にいれることはなんでもできた古代の皇帝がどうしてもかなわなかった<火の鳥のような永遠の命>をそなえ,繁殖の無用な生命体が,誕生して以来おなじ顔ぶれで平和にくらす星もあるはずです。

スマホのゲームなんかで疲れきった目ん玉をしっかり休ませるためにも,かようにいいかげんな想像をめぐらせながら,しばし夜空の星をながめたりすることも必要かもしれませんね。

2019.9.14 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 09:17| 諸々 | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

黒めがね

サングラスをかけた人は,どこか近寄りがたく,男子であればおおむね冷酷で怖い印象を,女子なら不思議な性的アピールをかもしだすことがあります。そして同時に,それをはずした瞬間,今までいだいていた<謎の期待値>があっけなくどこかへ飛んでしまい,ガッカリしてしまうことも。

かって,怪傑ハリマオの主人公が別の番組で素顔で登場したとき,いっせいに<あーあ,黒めがねをしてたほうがずっとよかったな>というため息がもれたものです。

その少しあと,少年だった私はバスの中で黒めがねをかけた涼し気な美女に思わず見とれていました。降りるバス停がたまたま一緒,そして,彼女は降車間際に一瞬素顔を見せてくれましたが,<アッ,いつも散髪してくれる床屋さんのおねえさんじゃないか>,ごく標準的な顔立ちのおねえさんがこんなにも変わってしまうんだ,と驚いたものです。

また,少し前に高速道路上で,けったいなナリをしたグラサンの男女が暴れまわる動画がテレビで映しだされたとき,素顔の凶暴さを思わず連想してしまいましたが,まもなく逮捕され素顔が知れわたると,<なんじゃこりゃー>

場外馬券場でよく見かけるブツブツ愚痴をこぼすさえないオッサン,年齢相応にくたびれはてたしょぼいオバハンだったので,世間の期待する<凶悪の予想>はこっぱみじんに吹き飛ばされてしまうことに。ハゲかくしの帽子,コケおどしのグラサンだったのかよ…

彼と彼女にとって,サングラスとは戦隊ものや仮面ライダーの<変身スーツ>と同じ物だったのかもしれませんね。

目の動きや表情が一切読み取れない黒メガネをかけた瞬間,悪の権化に変身し,命知らずの正義感みたいなものがふつふつと湧いてきたのでしょう。なので,バカは死ななきゃなおらない,という格言でも進呈することにしましょうか。

2019.9.13 ふみよ
posted by Don and Mama Mind at 19:54| 諸々 | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

ひとりモンク

見聞きする人が思わずまゆをひそめてしまう様子を楽しむかのように,わざと思いっきり奇天烈な格好とか言動をとる人はいつの世にもいるものです。

<腰パン君>といって,ズボンを激しく下にずらして足が極端に短く見えるようにしたり,女子であれば<顔黒(ガングロ)>にしたり,風呂に入らず服も着替えず不潔こそベストと信奉する<汚ギャル>一味など。

普通の姿はそこそこ標準以上なのに,カッコ良さを追及せず,当然のひんしゅくをかうスタイルを好むあたりは,その年頃に特有な反抗や露悪趣味の発露なのかも。ただ,さすがに腰パンもガングロも汚ギャルも,流行ったのはごく短い間,いつのまにか消滅してしまいました。

セロニアス・モンクという一時代を築いたレジェンドのピアノを聴くたび,わざとカッコ悪く見せる腰パン君を思い出してしまうのです。

ここはこう来るだろうと思っていても思わせぶりに間をおいたり,ここは少し沈黙する所だろうとの期待に反して突然饒舌になったり,期待をサラリと裏切るところが面白く,そして飽きない。

変人のあだ名をちょうだいしましたが,ユーチューブに上がったライブを見ていると,自分のソロパートが終わると,やおら立ち上がり,次のソロを受け持つ,テナー奏者やベーシスト,ドラマーの演奏をじっと動かずに観察する姿は,異様というか不気味というか。引退前後に躁うつ病をやんでいたという噂もあったとか。

されど,ジャズプレイヤーとしては比較的長生きしたほうで,晩年は心優しい相方(配偶者)にも恵まれたようです。

私が好きな作品は,<ソロモンク>という,モンクのピアノソロだけで構成されたアルバムです。ラブソングを集めたものですが,全部がぜんぶ素晴らしい。モンクのオリジナル<ルビー・マイ・ディア(愛しのルビー)>は,誰を想って作ったものなのでしょうか?

◆ Thelonious Monk Ruby, My Dear https://www.youtube.com/watch?v=jymS_7zyy7c

2019.8.24 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 11:47| 諸々 | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

共存

ネコのオスが子育てに参加することはまずないだろうというのが通説。我らが世代前後の無数の男子同様,そんなことは女子がするもんだと決めこんでいます。

されど,人とネコが共存することでよく知られる福岡の相島(あいのしま)では,外敵が現れるやいなや猛ダッシュして追い払ったり,人のオヤジ同様我が子を溺愛するイクメンならぬイクニャン君もいるそうです。

このイクニャン君は,ヨメニャン,ニャン子,ニャン太郎の四人(匹)家族。

ネコたちは海辺の廃屋などに自由すみつくことができるし,エサも島民や観光客などからふんだんに与えられるので,食と住に困ることはほとんどありません。なので,平和でのんびりしてるのかなと思いきや,年に何度かその時期がやってくるたび,子孫を残すための熾烈な争いが待ち構えています。

オスネコ同士はまず互いににらみ合い相手の器量を品定め。にらみ合う姿は開始のゴングが鳴る前のボクサーと変わりません。しかるに次に何が始まるのかと思っていると,腕力の強さを決めるための殴り合いや取っ組み合いではなく,なんとも奇妙な<鳴き合い>という声の出し比べ。

互いのうなり声にこもった気合や男気の熱量を競いあい,<負けた,勝てぬ>とさとって先に顔をそむけたほうが負け。他に挑んでくるオスネコがいなくなったら,終始その様子をながめていたメスネコの配偶者に決定するとか。

人のように一夫一婦という道徳律はもちろんないので,その都度,優勝劣敗という自然の掟に従った配偶者えらびが行われます。そのため,イクニャン君の相方であったヨメニャンも,その時になったらその定めに従わざるを得ません。

どこから見ても獰猛そうで強そうなデッカいクロネコ大王が,<オレにかかってくる根性のあるやつはおるか>とまず名乗りを上げました。まわりにいた何匹かのオスネコたちは,こわがって挑もうとしませんでしたが,元旦那のイクニャン君がチャレンジャーとして登場しました。

しかるに,クロネコ大王のドスが効いたうなり声に気合負けしてしまったのか,声すら発せぬままに顔をそむけてすごすごと退散してしまったのです。<ほかにかかってくるやつはおるか>と凄みをきかせると皆目をそらしてしまい挑戦者は見当たらず。じゃあオレのもんだなとばかりにヨメニャンにおおいかぶさろうとしたとき,一瞬のスキが。

ヨメニャンはクロネコ大王を振りきると,一目散に全速力で逃げまくりました。わき目もふらず向かったその先は,今しがたみじめに負けてしまったイクニャン君のもと。<わたしゃ,やっぱり,やさしくて子ぼんのうなあんたが一番イイ>と。それからまもなく子宝に恵まれたそうです。

イクニャン君のような家族思いのオスネコが出現したり,優勝劣敗の原則に反するヨメニャンの繁殖行為自体,きわめて例外的なことであり,もしかすると人と共存するうちに,その機微とか人情のようなものを自然と学んだのかも。でも,どこかホッとするものが。

(PS) 以上は,NHKの<ダーウィンが来た>で放映された内容の一部について,若干の私見も交え構成しました。あとで思い出しましたが,私の住む奈良では人と鹿が共存しています。もしかすると,イクニャン君みたいなイクバンビ君がいるのかもしれませんね。

2019.8.1 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 19:37| 周辺 | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

ぬれぎぬ

笑えぬ笑い噺を一席。これ実話です。

家内と娘が近くの福祉センターのプールで水泳の練習をしているさなか,顔見知りの係員が少し難しそうな顔をしながら家内のほうに近寄ってきました。

声をひそめ,<あそこにいる警察の人が呼んでるみたいなんだけど,何かあったの?>と心配そうに耳打ちしたそうです。言われるままにその警官のもとへ行くと,

『実は携帯電話をなくしたとの通報があって調べている所ですが,携帯のGPSを追跡してみると,ご自宅あたりからこのセンターに向かったことがわかりました。センターに駐車している車のナンバーを照合したところ,所有するお車と一致しました。ついては,お話をおきかせ願えませんか』,とのこと。

はじめは何を言われているのか意図がわからなかったようですが,カンのよい家内は,<そういうことか!携帯をネコババした犯人と疑われておるんだな>とすぐ気づきました。猛烈にカチンときましたが気を取り直し,こうなりゃ潔白であることを証明したろやないか。

<今すぐ娘のプールバッグをここに持ってくるので気の済むまで調べてくださいな。ただし私の下着だけはご容赦願います>,もちろん携帯なんか出てくるはずはありません。それから水着の上からTシャツをはおり,<じゃあ次は私の車を見てみましょうか>と駐車した場所へ案内することに。

あばあさんとお母さんと思しき人がいたので,<あなたがお母さんですか,お子さんの番号で呼び出してみてください>,もちろん反応なし。警官は車の中をすみずみまでくまなく探してみても携帯のけの字も出てこない。<中だけじゃなく車の下もお調べになったらどうですか?>

おそらくは,自宅近辺の家と所有する車のナンバーをリストアップし,GPSの示すセンターの駐車場にリストアップした車(家内の乗っていった車)を発見したときは欣喜雀躍したはず。

これで状況証拠は全部揃ったな,ホシはここにおる,あとはブツさえ出てきたら御用だなと勇んで,やや上目線で家内を尋問していたのでしょうが,ぜんぶ空振りに終わってしまった。こまったなぁと思ってる所へ,別の警官から<またGPSが動き出しました。こことは別の場所です>,これが潔白を示す決定的な証拠に。

バツ悪そうに,<申し訳ありませんでした。気をつけてお帰りください>との謝罪があって一件落着。家内がその後,これしきのことに三人もがん首そろえた警官にイヤミの一つも言ったかどうかはわかりませんが,お母さんたちには<わたしの子が携帯をなくしたら同じようにするので,どうか気になさらないでください。はやく見つかるといいですね>と優しい言葉を。

推測ですが,私の家近くを散歩で通りがかった人が落ちていた携帯を拾い上げ,センター近辺に向かったのでしょう。どこかで一休みしてから<拾った携帯どうしようか,日も暮れることだし明日にしようか>などと思いながら,再び歩き出したのかもしれません。

もし次の日,<昨日は大変ご迷惑をおかけしました。おかげさまで拾われた方が署まで届けてくれました>,などと顛末を連絡してくれたなら,大いに見直してあげたい気もしますが,まあ望み薄でしょう,たぶん。

2019.7.31 どれみ
posted by Don and Mama Mind at 07:34| 競泳コラム | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

長い夏

次の土曜に予定されていた家内のパート先での飲み会が急遽中止になったとか。

出席予定であった職員のお子さまが,連日報道されている京アニに勤めており,いまだ意識不明で入院を続けていることが判明し,そのことをおもんぱかっての予定変更のようです。

あっという間の出来事ゆえ,なにが起こっているのか,なにも判断できぬまま,その場の状況に身を任せるしかすべがなかったのでしょうね。

被害にあった方々の身内はみな一様に,彼女や彼がそこで働くことのできる喜びと誇り,そしてどれだけ優しい心をもち,無限の夢にあふれていたかを,なつかしむ一方,このめぐり合わせの理不尽に,ただただぼう然とするばかり。

私は同社のアニメに接したことがないので,その作品の素晴らしさを語ることはできませんが,人生のどこかで作品と関わりを持ち,大いに勇気づけられた人,今までの生き方を見なおす契機となった人たちは全世界に数知れず。

生き残った全員が回復をとげ,いまいちど制作に取り組むことのできる日が必ずやって来るのを祈るばかりです。

2019.7.30 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 07:34| 周辺 | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

連呼

選挙カーでアピールするなかで最も効果があるのは,とにかく名前を連呼すること,との分析結果が最近まことしやかに流れています。ほとんど争点の見当たらない今回の参院選や地方選など,顔も名前もよく知らない先生方を見分け選別するのは至難のわざ。N0883.JPG

もともと興味がないのに,何をもって投票の根拠とするか。それは,しつこく連呼された名前をおいて他になし。さすれば,投票所で誰を書くかと見渡し思案する時,そういえば家の周りであの名を叫んでおったな,聞き覚えがあるぞ,じゃあこいつに投票しちゃえ。そんなメカニズムらしい。

CMなんかも同じ背景があるのかもしれません。そのネーミングが繰り返されると,耳から入ってくる情報は案外頭の片隅に残ることも多いので商品選択をする際には,思いのほか影響するのかも。

CMといえば,最近どうにも気にくわないのが一つあります。化粧品のCMで,はじめにどこからどうみても冴えない,やつれきった,あきらめきった投げやりな年配の女子を登場させたあと,おなじ年配でもこんなに違うといわんばかりにハリのある肌ツヤをさりげなく見せびらかすイヤミったらしい美老女子が出てくるあのCM。

この演出方法が気に入らないのです。かって,NHKで知障のアスリートを紹介するドキュメントを幾つか見たことがありますが,これもこれと何ら変わらぬ演出をしていました。

まず最初に,どこから見てもそうだと認識できる幾人かのアスリートを映して印象づけ,しかる後にターゲットとなるアスリートを紹介します。いきなり登場させたら<どこが?>となってしまうので,苦肉の策として<残像効果>を狙った演出とせざるをえなかったのかもしれません。

当人には何の非も意識もないのに,いつの間にか引き立て役にされてしまう。演出とはいえ,ヘタをすると同じような境遇に悩んでいる人たちに対する<人格否定>につながりかねないことを,制作者は重々承知すべきです。

2019.7.16 ふぁそら
posted by Don and Mama Mind at 15:04| 競泳コラム | 更新情報をチェックする