2019年07月31日

ぬれぎぬ

笑えぬ笑い噺を一席。これ実話です。

家内と娘が近くの福祉センターのプールで水泳の練習をしているさなか,顔見知りの係員が少し難しそうな顔をしながら家内のほうに近寄ってきました。

声をひそめ,<あそこにいる警察の人が呼んでるみたいなんだけど,何かあったの?>と心配そうに耳打ちしたそうです。言われるままにその警官のもとへ行くと,

『実は携帯電話をなくしたとの通報があって調べている所ですが,携帯のGPSを追跡してみると,ご自宅あたりからこのセンターに向かったことがわかりました。センターに駐車している車のナンバーを照合したところ,所有するお車と一致しました。ついては,お話をおきかせ願えませんか』,とのこと。

はじめは何を言われているのか意図がわからなかったようですが,カンのよい家内は,<そういうことか!携帯をネコババした犯人と疑われておるんだな>とすぐ気づきました。猛烈にカチンときましたが気を取り直し,こうなりゃ潔白であることを証明したろやないか。

<今すぐ娘のプールバッグをここに持ってくるので気の済むまで調べてくださいな。ただし私の下着だけはご容赦願います>,もちろん携帯なんか出てくるはずはありません。それから水着の上からTシャツをはおり,<じゃあ次は私の車を見てみましょうか>と駐車した場所へ案内することに。

あばあさんとお母さんと思しき人がいたので,<あなたがお母さんですか,お子さんの番号で呼び出してみてください>,もちろん反応なし。警官は車の中をすみずみまでくまなく探してみても携帯のけの字も出てこない。<中だけじゃなく車の下もお調べになったらどうですか?>

おそらくは,自宅近辺の家と所有する車のナンバーをリストアップし,GPSの示すセンターの駐車場にリストアップした車(家内の乗っていった車)を発見したときは欣喜雀躍したはず。

これで状況証拠は全部揃ったな,ホシはここにおる,あとはブツさえ出てきたら御用だなと勇んで,やや上目線で家内を尋問していたのでしょうが,ぜんぶ空振りに終わってしまった。こまったなぁと思ってる所へ,別の警官から<またGPSが動き出しました。こことは別の場所です>,これが潔白を示す決定的な証拠に。

バツ悪そうに,<申し訳ありませんでした。気をつけてお帰りください>との謝罪があって一件落着。家内がその後,これしきのことに三人もがん首そろえた警官にイヤミの一つも言ったかどうかはわかりませんが,お母さんたちには<わたしの子が携帯をなくしたら同じようにするので,どうか気になさらないでください。はやく見つかるといいですね>と優しい言葉を。

推測ですが,私の家近くを散歩で通りがかった人が落ちていた携帯を拾い上げ,センター近辺に向かったのでしょう。どこかで一休みしてから<拾った携帯どうしようか,日も暮れることだし明日にしようか>などと思いながら,再び歩き出したのかもしれません。

もし次の日,<昨日は大変ご迷惑をおかけしました。おかげさまで拾われた方が署まで届けてくれました>,などと顛末を連絡してくれたなら,大いに見直してあげたい気もしますが,まあ望み薄でしょう,たぶん。

2019.7.31 どれみ
posted by Don and Mama Mind at 07:34| 競泳コラム | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

長い夏

次の土曜に予定されていた家内のパート先での飲み会が急遽中止になったとか。

出席予定であった職員のお子さまが,連日報道されている京アニに勤めており,いまだ意識不明で入院を続けていることが判明し,そのことをおもんぱかっての予定変更のようです。

あっという間の出来事ゆえ,なにが起こっているのか,なにも判断できぬまま,その場の状況に身を任せるしかすべがなかったのでしょうね。

被害にあった方々の身内はみな一様に,彼女や彼がそこで働くことのできる喜びと誇り,そしてどれだけ優しい心をもち,無限の夢にあふれていたかを,なつかしむ一方,このめぐり合わせの理不尽に,ただただぼう然とするばかり。

私は同社のアニメに接したことがないので,その作品の素晴らしさを語ることはできませんが,人生のどこかで作品と関わりを持ち,大いに勇気づけられた人,今までの生き方を見なおす契機となった人たちは全世界に数知れず。

生き残った全員が回復をとげ,いまいちど制作に取り組むことのできる日が必ずやって来るのを祈るばかりです。

2019.7.30 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 07:34| 周辺 | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

連呼

選挙カーでアピールするなかで最も効果があるのは,とにかく名前を連呼すること,との分析結果が最近まことしやかに流れています。ほとんど争点の見当たらない今回の参院選や地方選など,顔も名前もよく知らない先生方を見分け選別するのは至難のわざ。N0883.JPG

もともと興味がないのに,何をもって投票の根拠とするか。それは,しつこく連呼された名前をおいて他になし。さすれば,投票所で誰を書くかと見渡し思案する時,そういえば家の周りであの名を叫んでおったな,聞き覚えがあるぞ,じゃあこいつに投票しちゃえ。そんなメカニズムらしい。

CMなんかも同じ背景があるのかもしれません。そのネーミングが繰り返されると,耳から入ってくる情報は案外頭の片隅に残ることも多いので商品選択をする際には,思いのほか影響するのかも。

CMといえば,最近どうにも気にくわないのが一つあります。化粧品のCMで,はじめにどこからどうみても冴えない,やつれきった,あきらめきった投げやりな年配の女子を登場させたあと,おなじ年配でもこんなに違うといわんばかりにハリのある肌ツヤをさりげなく見せびらかすイヤミったらしい美老女子が出てくるあのCM。

この演出方法が気に入らないのです。かって,NHKで知障のアスリートを紹介するドキュメントを幾つか見たことがありますが,これもこれと何ら変わらぬ演出をしていました。

まず最初に,どこから見てもそうだと認識できる幾人かのアスリートを映して印象づけ,しかる後にターゲットとなるアスリートを紹介します。いきなり登場させたら<どこが?>となってしまうので,苦肉の策として<残像効果>を狙った演出とせざるをえなかったのかもしれません。

当人には何の非も意識もないのに,いつの間にか引き立て役にされてしまう。演出とはいえ,ヘタをすると同じような境遇に悩んでいる人たちに対する<人格否定>につながりかねないことを,制作者は重々承知すべきです。

2019.7.16 ふぁそら
posted by Don and Mama Mind at 15:04| 競泳コラム | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

決戦

うまくいくときは,立ちはだかる難所もあっけなくするりと抜け,何事もなかったかのようにゴールにたどり着けることができるものです。それとは逆に,準備万端すみずみまで目配りしたはずなのに,思いもよらぬところでつまずいてしまい目標の半分にも達しないことも。

N0884.jpg まずはタイトル挑戦者となることを多くのファンから望まれ,本人もそれを意識して強く望んでいる聡太君ですが,今まで予選あるいは本戦の早い段階でつまずいてしまい,どうしても初志を貫くことができません。駒の神様が,<聡太よ,お前はまだ若いのだから大いに苦しむべし,楽はさせてやらんぞ>,と試練を課しているのかもしれませんね。

 聡太君が年度内に挑戦者となって獲得できる可能性があるタイトルは,竜王戰と王将戦の2棋戦のみ。くしくも優勝賞金が最高値と最安値のタイトルですが,竜王戰への挑戦がにわかに現実味を帯びてきました。残り4連勝(ないしは4勝1敗)のところまでこぎつけたからです。

直前の久保9段戰では,押し切り勝ちをはかったものの逆に押し戻されてしまい,最終盤で自分の玉に詰みがあることを聡太君は発見し負けを覚悟したようですが,久保9段がそれを読み切れず再逆転での勝利という僥倖に恵まれました。このような運のあるときは弾みがつくものです。

されど,次の相手はトヨピーこと豊島名人,勝ったとしてもその次は魔太郎こと渡辺3冠が待ち構えています。更には,この両者に勝つことができても,決勝トーナメントの別の山からおそらく,軍曹こと永瀬叡王,またはオジオジこと木村9段いずれかが勝ち名乗りをあげてくると思われるので,いずれかの勝者と3番勝負を行って2勝しなければなりません。

現時点の最高実力者をすべてなぎ倒さない限り挑戦者にはなりえぬ厳しい戦いとなりますが,7/23(火)10時から豊島名人との決戦が予定されています。アベマTVで実況中継,視聴者数200万超えはまず間違いないところでしょう。

豊島名人との公式戦は2年前に1局あり,このときはコロリと負かされてしまいましたが,昨年新人王を獲得した聡太君と豊島2冠との記念対局では抑え込んで勝っていること,また現在のレーティング評価でもほぼ互角であることを考えたら,手に汗にぎる接戦となりそうなので今から楽しみです!

7月13日 あいう
posted by Don and Mama Mind at 09:17| じいタ | 更新情報をチェックする