2018年03月29日

大阪杯2018

ずっと昔に京都方面への親睦旅行があり,現地解散で京阪電車に乗って帰宅する際,<きーぼう>というあだ名の付いた,私より随分年上の先輩と,思わず目と目があってしまいました。

それは,<今日は日曜だし,このまま家に帰ってもすることないやろ,せっかくだから寄っていこや>,という暗黙の誘いであることがすぐ分かったので,各停に乗って淀(京都競馬場)で下車。

当時は,枠連に代わり馬連が主流となっていた頃でしょうか。ワイド,馬単,3連複,3連単が登場する前だったと思います。きーぼう先輩が,なにやら私に馬連の必殺技を耳打ちしてくれたのです。

『 未勝利戦なんか弱いのばっかで何が来るかわからんやろ。そやさかい,直前の3レースの順位を足し算すんねん。3レースだけならワシでも暗算できるしな。足した数の少ない順に3頭か5頭のボックスやな。アホかと思うやろ,でもこれが意外に当たるんや 』

当時も競馬はずっと観ていましたが,投票するのはG1レースくらい。また,枠連・単複だけの古き良き時代に競馬を始めたこともあり,その時までいわゆる<万馬券>には全く縁がなかったのです。

競馬場に入ったのは昼前くらいで,未勝利か新馬戦の時間帯。せっかく,きーぼう先輩が授けてくれたんだから,まあ,いっかいだけ,ゆうこと聞いたろ。馬柱で足し算を開始,そして馬連ボックスの5頭を選択してマークシートに記入し100円×10点で購入。

きーぼう先輩,言われた通りに買いました,と報告すると,先輩はにっこり,ワシも買うたで。このしょっぱなの未勝利戦,電光掲示板に着順が掲示され,馬券を見ると,当たっているではありませんか(先輩も同様),しかも万馬券,なので二人そろって大喜び。

されど,その後,二匹目のドジョウを狙って足し算方式で何度かチャレンジしたものの全部不発。結局,しょっぱなの万馬券の払戻金はきれいさっぱり使い果たしてしまうことに。

きーぼう先輩は,いつぞやの年賀状で<ウイン・ファイブで億万長者をめざしとる>との熱いメッセージが。あいかわらず馬券がしんから好きなようです……

おっと,
本題を忘れていました。次の日曜は,私がお馬の会の当番です。もちろん大阪杯を。つわものがこれでもかと出そろい選択に迷ってしまいます。

こんなときは,きーぼう先輩の<縄文式足し算方式>が功を奏するかもしれません。なら,そうしてみよう。足して1ケタになるのは,ウイン,サトノダイヤ(海外除く),シュヴァル,スワーヴ,ダンビュ,トリオンフ,ミッキー,以上の7頭。

よし,これでいってみよう。もう少し情報収集を行ってから,軸や買い目を決めることにしましょうか。

3月29日 いろは
posted by Don and Mama Mind at 10:03| 競馬観 | 更新情報をチェックする