2019年05月10日

おせっかい

息子から家内に<車で移動中のヒマつぶし>以外の電話が入るときは,ロクなことがない。そろそろ寝ようかと思ってたとき,家内が階段をドタドタ上り私の部屋のドアをトントン,<なあ,電話に出てやってくれへん?>

なんやねん,と思いながら家内のスマホを手に取ると,<ラインにクイズを送ったから答えと解き方教えてくれへんか?パートのお母さんに聞かれたんやけどサッパリやねん>,とのこと。<俺ってみんなから結構たよりにされとるしな>

その問題とは,1番目〜4番目から並べ方の規則を推測し,5番目のマス目に入る数字12個を答えなさい。N0869.jpg

これはある私立中の入試で実際に出題された算数の問題とのこと。実際の問題はこれだけでなく,1番目と同じ数字が配置されるのは何番目?,2006番目の数字12個を書きなさい,こんな問いも。

しばらくジッと見つめたものの,頭がさっぱり働きません。エエかっこせずに<親に似てアホやし,とくに理数系は弱いんや>とでも言っておきゃよかったのに。11時をすぎて眠たいこともあって,ネットで過去問を調べたら,答えと解説ぐらいは載ってるやろから,それだけ調べて連絡したるということに。されど…

まもなく,<なあなあなあ,送ってくれた解説読んだんやけど,なに言ってるかわからへん。わかりやすく教えてえや>と,予想された追撃が。しかたなく,その解説を改めて読んでみたら,<理系の奴って,頭はいいのかもしれないが,説明がまるでダメなやつが多いんだよな>と愚痴がでるほど,お粗末なドヘタ解説。こんなの,本人以外わかりゃせんわい。

それからしばらくは無言の行が。そしてついに並べ方のルールがわかったのです。1番目であれば,並んだ数字を上から4個づつ<1・7・2・8><3・9・4・10><5・11・6・12>,の3グループに分けます。次の2番目は,グループの数字4個を順に<左から下に,つぎ右から下へ,タテにそのまま>並べたらよろし。

2番目も同様に<1・4・7・10><2・5・8・11><3・6・9・12>に分けたものを3番目に同じようにすればよろし。以下同様。また11番目からは同様の並びとなります。10ごとの反復ゆえ2006番目は,10で割った余り<6>番目と同じということさ。

ということを息子に連絡してあげたら,まったく思いもよらなかった,敬意と感謝の言葉が返ってきました。寝る時間が12時をまわってしまったけれど,それなら,まあエエか。家内も私も,子が困っていると,ついついいらぬ余計なおせっかいをしてしまうようですね。

2019.5.10 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 15:13| 周辺 | 更新情報をチェックする