2019年09月16日

まちぶせ

ランチをすませたあと,とりわけ若い女子がお茶をしながら噂話なんかに花を咲かせる喫茶店を見つけだしては,自分が誰だかわからないように変装し,にぎやかな女子のグループが近くに陣取るやいなや,あっちこっち目まぐるしく飛び火するその話にじっと耳をかたむけていたそうです。

N0886.JPG<実は,そんな噂話の中から詞や曲がうまれることもあるんです>,そんな風に記者の質問にこたえていた記事を週刊誌かスポーツ新聞で目にしたのは,ずいぶん昔のことですが,年頃の女子の話す言葉にインスパイアされた人とは,当時全盛期の荒井(松任谷)由美さんのこと。

斬新なアイデアにあふれる彼女の作品はそんなに多く聴きこんだことはありませんが,石川ひとみさんが歌って大ヒットした<まちぶせ>がやはり大好きです。オリジナルは三木聖子さんに提供されたものですが,その5年後にカバーした石川さんによって大ブレークすることに。

三木さんの実体験ストーリーを聞いた荒井由美さんが詩曲を作ったそうですが,石川さんにも似たようなな体験があったとのこと。

ついでに蛇足ですが,私の家内も歌詞と変わらない<まちぶせ作戦>を用意周到に計画し,みごと成功に導いた友人がいることを,実名をあげて私に話してくれたことがあります。

今なら,SNSを通じて気軽に出会いを実現することも可能になりましたが,通信手段が手書きの手紙とか有線の電話機しかなかったアナログな時代において,更に,女子が積極的にアプローチをすることがあまり好ましいことではなかった風潮下において,女子の取りうる最強かつ効果抜群のツールだったに違いない。

石川ひとみさんのように可憐で清楚な女子がひそかに想いを寄せてくれ,どこか街角でまちぶせしてくれてたらどれほど幸せか,という実現がほぼ困難な淡い期待だったぶん,妙に大きなインパクトを残したのでしょうね。

想いを寄せてくれる人も,まちぶせしてくれる人も,結局出現しないまま多感な時期がすぎてしまいましたが,まあ,もてる奴より,もてへん奴のほうが断然多いのだからして,確率考えたらしゃあないで,としておこう。

◆ 石川ひとみ 「まちぶせ」

2019.9.16 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 17:53| 周辺 | 更新情報をチェックする