2020年09月23日

間接わざ

面と向かって耳の痛いことを言われるよりも,やんわりと自分の非を悟らせてくれるような気配りのほうが,ズキンと身に応えることがあります。

これは,テレビのコメンテイターからもっともらしい理論構成でどぎつく指弾される以上に,適時に実施されるメディアのアンケート結果で,政権支持率のパーセンテージがほんの少しでも下がってしまうほうが,ボディブローみたいに効いてくるのとよく似ています。N0949.JPG

しばしば家内は,これの手を使って私をチクチクせめさいなむことが。ただ,そうするのは,ほぼ例外なく,私のちょっとした行いや態度が気に食わなかったり,ムカついたとき。

どうするかといえば,その日の夕食がはじまってしばらくすると,おもむろに娘に向かって,<おかあさんはいつまでも元気なわけじゃないんだよ。きのうだって眠れなくて,きょうはふらふら。だから,おかあさんの用事をどんどん手伝ってくれないと,こまるんだよな〜>と,韓流ドラマ定番の余命いくばくもない貴婦人風に言いきかせるのです。

私は黙ったまま。されど,はは〜んアレか,と思いあたるフシが。昼すぎ家内は<空き段ボールがたくさんたまってしまったので,捨てに行くので物置の前に出してあるのを車庫まで運んどいて>と私に頼んだのです。

N950.JPG 私は,しぶしぶ了承したものの,段ボールは無造作に出しっぱでまとめられていなかったので,物置と車庫の間を何往復もしなければならず,家内と目が合った瞬間,思わず無言で思いっきりヤな顔をしてしまったのです。<メンドくせえことさせやがって>と不満の表明をありありと。

 それが大いに気に入らなかったのでしょうね。<もうちょっと手伝ってくれよ>ということを,まるでわけのわからない娘に伝えることで,間接的に<わかってんのか>と私に釘をさしたのです。この間接キメわざが案外,胸にちくりと刺さるのです。

家内は,黙りこくって,すっかりしょげかえった私の姿を横目で確認できたら,もうそれで満足してしまうのがサッパリしてよいところ。

されど,たまった不満はすみやかにスッキリさせてあげねばならぬ,という私の深遠で絶妙な演技にはまだ気づいておらんようだな。などと,ついつい負け惜しみを。

2020.9.23 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 10:24| 周辺 | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

なぎさDW

N0939.jpg千里浜なぎさドライブウェイは,海を横目に見ながら砂浜を8kmほど車で走ることができる日本で唯一の場所。かって,私もそこを走ったことがあるのですが,そのときのことをあまりよく覚えていません。

子供がまだ幼稚園に通っていた頃のことでもあり,また天気もそんなによくなかったのでしょうか,これといった印象が残っていないのです。

ただ,その時に記念写真をとったかなというあやふやな記憶だけがかすかに残っていました。それがこれ。後ろに見えるすじは,車が走ったタイヤの跡。娘はご機嫌ななめの泣き顔で,息子はよそ見,家内だけがしっかりカメラ目線を。

去年,家内はオットリーナ谷やんと娘の三人の女子会で輪島のほうまで足をのばした際,道すがらここを走ったようです。谷やんにとっては初めての体験で,いたく感激してくれたとか。

N0940.JPG 月〜火の平日で片山津温泉の一泊旅行を家族3人で楽しんだあと,家内から,家に帰る前に砂浜を走ってみようとの提案があり,私も久しぶりに行ってみたくなったので,ぎょい,おおせの通りに。

 この日は,晴れていたので,空と海の青さが際立ち,あれこんなに広々としてたんだ,とその雄大さとすがすがしさに,谷やんに負けないくらい,改めて感動してしまいました。

N0941.JPG日本海沿いを走るときは,たいがい雲がどんよりよどんでいることがほとんどで,また海が荒れていることも多く,どうしても陰鬱なイメージだけが先行してしまうのですが,いったん晴れたらこんなにも美しく輝くことを発見できたのは,私にとっては大きな収穫。

ふだんめったに笑うことのない口数すくない美形の女子,たとえば今は亡き藤圭子さんがデビューしたてのころみたいに影をただよわす女子が,なにかのはずみに嫣然とえみをうかべるようなものでしょうか。

砂浜をゆっくりと,ほどよく走ったあと,のと里山海道へ戻りました。そして,PAで食べた月見そばがめちゃくちゃおいしかったのです。気持ちよいものを見た後は,食べるものまでおいしくなるようですね。

(PS) 一つだけ疑問が。潮が満ち,そして潮が引いたあと,このドライブウェイは形を崩さず元通りの姿に戻るのでしょうか。何か仕掛けがあるのかな?

2020.9.1 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 21:15| 周辺 | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

ごらく

お笑い,時代劇,クイズ,これらをおカキや豆類なんかをつまみながらテレビでゆっくり鑑賞するのが,余暇における娯楽の三冠王。私のではなく,家内のです。

N0937.jpg私はそのどれもがあまりウェルカムではありません。

コンビやピン芸人の名前を出されても全然わからないし,そもそも笑いとは偶然おきるからこそ面白いのであって,と変な持論を持ってるし。時代劇は吉右衛門の鬼平犯科帳にかぎるでと豪語されても,あっそう。クイズ番組は,自分である程度正解できないとイラつくし,すらすら正解しまくる解答者はやっぱ気に食わんぜよ。

いっぽう,私の三冠王は,井上尚弥の拳闘,競馬観戦,聡太君の対局観戦ですが,家内はこれらが全部大嫌い。
<ざんこく,まけてばっか,くら〜い>がその理由。これだけ好みが違うのに,よく一緒にやってこれたもんだと感心してしまいます。

家内は空調の完備したリビングでゆったり楽しんでいるのに,私といえばエアコンのない2階の狭いスペースでテレビ観戦したり,自室のパソコンで対局中継に興ずるしかありません。

そやけど,趣味とか好きなものがある程度一致してると,どうでもよいディテールなどで微妙な意見の食い違いが生じ言い争ったりすることを考えたら,自分には興味のない別世界でげらげら笑っていてくれたりするほうが,かえって気が楽なものです。

息子がサンドイッチマンのファンなので,このコンビは最近顔を覚えることができ,確かに聡明で面白いことが分かってきました。家内に<サンドってトークがめちゃうまいな>などと伝えると,ニッコリすることも。

杉本八段がNHK杯で対局してるのを私が見てると,<あ,この人,知っとるで。最近テレビに出まくっとるがな。藤井くんのお師匠さんやろ>などと言われると,妙にうれしくなってくるものです。

2020.8.17 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 18:38| 周辺 | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

おかあさん

(子)おかあさん,(母)なあに,(子)おかあさんていいにおい,(母)せんたくしていたにおいでしょシャボンのあわのにおいでしょ,(子)おかあさん,(母)なあに,(子)おかあさんていいにおい,(母)おりょうりしていたにおいでしょタマゴヤキのにおいでしょ。

N0933.JPG これは誰でも聴いたことのある,<おかあさん>,という童謡の詞ですが,この子は,はたして女の子なのだろうか,男の子なのだろううか,そんなどうでもよい疑問を感じてしまう私は,やはりヒネくれ者なのでしょう。おおむね童女のシンガーが歌うことが多く,詞の内容からしても,これは女の子と解釈するのがごく自然なこと。

 ただ,この歌ができたころ,おとうさんは外で働き,おかあさんは家を守る,というのが一般的。されど今や,共かせぎが当たり前で,家事も分担してしかるべき世の中になってしまったので,おかあさんをおとうさんに入れ替えたとしてもなんら不思議なことはありません。それゆえ,昭和ないしは平成初期までの見はてぬノスタルジーなのかも。

N0934).JPG私の娘にとって家内は,この<おかあさん>のような立ち位置だったのか,とふと疑問を感じることも。優しくしなければならないことは百も承知の上で,きびしく,つらく当たらねばならなかったので,娘にとっては後者こそが母とすりこまれてしまったのかもしれません。

一方の私は,損な役回りばかり強いられた家内とはうらはらに,娘をねこっ可愛がりするばかりだったので,娘はシャボンやタマゴ焼きのにおいを,私のほうに求めざるをえなかったのでしょうね。<あんたはイイとこどりばっかして>と家内に本気で責められますが,本当にもうしわけなく思っているのです。

盆休みまえの今日も,JR奈良駅まで娘を送っていく車中で,また<おとうさんは死なへん>を娘は何度か繰り返しました。先に死んではならないのは家内のほうなのに,こんなことを言われると,無性に娘がいとおしく,同時に同じくらい,家内に引け目を感じてしまいます。

2020.8.11 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 10:39| 周辺 | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

一定割合で

家内と息子は同じ6月生まれで,毎年6月には温泉宿などでまとめて誕生会をするのがならわしでしたが,先月はほとんどの宿が営業を自粛状態なのでNG。7月に入ってからようやく再開しはじめたので,家内は近場の宿を予約,そこへ家族4人が一泊で泊まることになりました。

N0927.JPG入り口での検温と手の消毒。宿泊客は心持ち少な目な感じがしましたが,家内がチェックインをしている間,5,6人の若い男子の集団が卓球場で1球打つたびに,明らかにはた迷惑な大声を出して盛り上がっているのが否が応でも耳に入ってきます。

卓球場は予約の上30分限り,マスク着用の上とのことですが,この若い男子の集団は,それも守らずバカでかい声を出し続けています。おそらく飛沫はフロア中にまき散らされているはず。こいつらの誰かが無症状感染者であったなら,と考えたらゾッとするし,誰でも思わず<自粛警察>的な気分になってしまいます。

本来であれば,宿のスタッフがこの馬鹿たれどもに注意喚起すべきところですが,脳みそ空っぽの反射勢力みたいな非常識連に,<他のお客様へのご迷惑となるのでお静かに願います>とは言いにくかったのでしょう。言ったとたんキレられたら怖いし。なので30分の制限時間が終わるのを待つしかない。

昨今,Go To キャンペーンの是非が取りざたされていますが,宿側は最大限の防御と配慮でそなえているのは確かなこと。一番の問題は,むしろ来る側。飛沫がまき散らされる環境こそが感染要因となっているのは明らかなのに,その認識をすっからかんに欠いた人がやってくるのが最大のネック。

首都圏の人たちがくると厄介だと憂慮せざるをえないのは,99%の旅行客は良識ある常識人なれど,あの卓球バカみたいな連中が,一定割合でまぎれ込んでくると,たとえ1%であっても,その中にもしキャリアがいたなら一気に感染が広まるおそれが高いから。

どの集団にも一定の確率で異端者が生じてしまうのは,生物学的に避けられないこと。されど,あとは自己責任と運に身をゆだねるしかない,というのも実にさむざむしいことですね。

PS 祝 聡太君 棋聖位奪取!

2020.7.16 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 06:42| 周辺 | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

もっこす

学生の頃,熊本出身の1年上の先輩がいました。きわめて穏やかな人柄でしたが,はてしない酒豪。飲み会(当時はコンパと呼ぶのが通例)ではどれほど飲んでも乱れることもなく,普段通りにふるまう優しい人でした。雰囲気的には,東北人に近い朴訥さを漂わせていましたか。

その先輩の出身地は,今大雨で苦しんでいる熊本の人吉。
当地では,お酒をふるまう際,客人が飲みつぶれるまで,どんどんすすめ倒れるのを見届けるのが礼儀,そんな土地で育ったせいか俺は酒にめっぽう強いんだ,そんな話を何度か聞いたものです。

先輩の実家は人吉の熊本のどの辺なのか,球磨川という急流が氾濫したらとんでもないことになる,どこかでそんな話をしていたのかもしれませんが,残念ながら記憶にありません。

N0925.jpgなので,今回の災害のニュースに接し,人吉が熊本のどのあたりに位置して,球磨川がどのような流れとなっているのかを初めて知った次第です。

先輩は,ある金融機関に就職が決まったということを本人から直接聞き,卒業前の<追い出しコンパ>に参加したのを最後に,その後の音信は途切れてしまいました。

定年を迎えたのち,生まれ育った人吉に戻ったのか,それとも配偶者と子のため故郷とは別の生活本拠ができ,今もそこですごしているのか,それはわかりません。

かって,熊本男子は<肥後もっこす>と呼ばれたそうです。先輩は酒量の点ではまぎれもなく,もっこすなれど,ふだんはとても静かな常識人。されど何か事起きればとてつもない勇気を奮い起こすことのできる侍。

いつも強そうにふるまったり,大声で存在をアピールする割には,ここぞという大事な時,からっきし役に立たない男子が多い中,肥後もっこすとは,最後の最後で存在感を際立たせる,格好のよい武士なのかもしれません。

2020.7.7 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 10:36| 周辺 | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

たいじ

去年と同じ場所にまたハチが巣を作っていました。家の出入りをする門近くの植え込みの中です。やや大型ですが,種類がよくわかりません。女王バチと働きバチの数匹だけで,まだ繁殖前と思われるので,差し迫った危険はありませんが,もうしばらくたって巣が巨大になったら,さあ大変。

N0922.JPG巣をたまたま発見したのは私ですが,娘の送り迎えなどで近くを通るたび,巣の周辺を数匹が外敵を警戒してガードしているのが見えます。放置してはおけないので,今のうちに退治しておかねばなりません。家内に買い物ついでに<バズーカ>という名の強力スプレーを調達してもらいました。

日中は働きバチが活動中なので,日が沈んだあとを狙って,一網打尽にしなければなりません。されど,ここ数日強めの雨が降り続けていたので,なかなかその機会が訪れなかったのですが,ようやく実行日が到来することに。

ハチ君には,何のうらみつらみもないのですが,家の誰か,宅配便のおっちゃん,訪問者が刺されでもしたら大ごとなので,やむなく決行させていただく次第でござんす。

晩ごはんがすんだら,念のため,剪定の時に家内が使っている,ネット付きの帽子を借り,長そで・長ズボンといういでたちで,いざ出陣。ほんとうはメチャクチャ怖くてしかたないのですが,家の唯一の男子として,がんばらなければなりませぬ。

2020.7.4 ひふみ


posted by Don and Mama Mind at 17:45| 周辺 | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

ぶるぶる

現在使っているパソコンは,もともと家内が使っていたものですが,5年前に私のPCが壊れてしまったときに譲り受けたものです。

かれこれ7年以上も使い倒してきただけに,2年ほど前から,バイト用のソフトを開いて作業をしているとき,またアベマTVで聡太君の対局を観戦しているときなどに,ぴューンという軽快な音を発したあと,プッつんと電源が切れてしまうことがしょっちゅう発生するのです。

その回数は数えたことはありませんが,おそらく100回はゆうに超えているはず。ただ不思議なことに,しばらく本体にこもった熱を冷ましてから電源を入れ直すと,なにごともなかったかのように元通りに使えるようになります。

最初の頃は,もうダメだ,買い直さなきゃとあきらめかけていたのですが,プッつんがなんど続こうが不死鳥のごとくよみがえってくれるので,そのうちだんだん慣れてしまい,<あいさつがわりの死んだふり>みたいな現象となってしまったのです。

ただ,さすがに必要なデータやアカウント情報などは定期的に,ずっと前にロコさんからいただいた4GBのUSBスティックに保存しています。

されど,もうそろそろ潮時,買い換えようと決意するに至ったのは,コロナ騒動のおかげで3月以降バイトの仕事が急増し,予定外の収入があったこと。

N0921.JPGそのおかげで,家内と娘には少し前,通称<ぶるぶる>,正式には<3D振動マシン BALANCE-WAVE>というタルミひきしめ用器具を買ってあげました。はじめのうちは,<めちゃ効っくぅー>と賛辞を送っていましたが,はたして効果があるのかどうか?

新PCは,Win10のごく普通の初級者向けののノート型。ここ4,5年パソコンの設定などから離れていたので,うまく動かすようにできるかどうか,なにげ不安ですが,何とかなるでしょう。

我が家においては,長らくお世話になっているものが,現在2つあります。さいぜんのプッつんパソコン君と丈夫で長持ちの軽自動車のワゴンR君。それぞれ,7年選手,12年選手。そういや,先代の冷蔵庫も10年以上もったっけ。
なるへそ,ハズレがなかったということさ。これは,ぼんびーいっかにあたえてくれたごほうびに違いない!

2020.6.19 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 17:46| 周辺 | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

去年も同じ

各地で梅雨入りしたこともあり,テレビのニュースでは街ゆく人に感想をたずねる場面が相次いで放送されていました。

N0919.JPGとある若い女子が,現地レポーターに<梅雨になりましたが,どうですか>と聞かれるやいなや,<去年もここで同じことを質問されたんですよ。まちがいなくあなたに>と切り返されると,そのレポーターは,<そ,そうでしたか。それはそれは,ごぶさたしておりました>,とすこしバツわるそうに。

現地レポが実のあるものになるかいなかは,答える人しだい。ピリッと気のきいたコメントを出してくれたら,それこそ大成功ですが,何を言ったらよいか答えに窮してしまったり,めんどくさそうにイヤな顔をされたらNG。

会社勤めをしていた頃,何かのテーマで講師を依頼されたとき,そのテーマの内容より,相手がどんなメンバーなのかが無性に気になったのとチョいと似ているかもしれません。何の反応もなく,質問一つ出てこない人を相手にしなければならないときほど,しんどいことはないから。

レポーターは経験則で,アッこの人だったら,明るい笑顔でなにか答えてくれそうだな,と直感アンテナを張っているのでしょうね。おおむね,関西とりわけ大阪の人たちは,ほぼ例外なく,場にあったうまい返答を当意即妙に返してくれることが多いようです。

うちの家内は大阪人なので,誰に何を聞かれようとも,上手やなあと感心してしまうくらいの,受け答えの名手です。なので,もし街頭でどこかのTVインタビューがあったとしても,レポーターがまずイの一番に家内を見い出すし,家内もその期待に十分こたえてくれるはず。

ただ,難点は,大阪人の特徴でもある話の長さ。
サービス精神が旺盛なせいか,ついつい要らんことまでしゃべりすぎ。要するに,話が長い,いつ終わるかわからない。そやさかい,実際に放送されるときは,大幅カットされてしまうかも。

2020.6.12 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 10:07| 周辺 | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

夢芝居

玉のようにきれいな女形の素顔のもとをたどってみたら,いがいや意外,どこにでもおる普通のおっさんじゃん,これならオレのほうが上,勝ってるな。

女形って,その素顔もどこかそれらしい雰囲気があるものなのに,そんなカケラもなし。このとんでもない落差によって,一躍脚光を浴び,世に衝撃を与えたのが,若き頃の梅沢冨美男さん。

N0915.jpgこれっていつ頃のことだったのか,なぜか知りたくなって調べてみたら,梅沢さんの代表作「夢芝居」を出したのが82年11月なので,それより前のことかもしれません。

また,YouTubeには,世にも美しい女子の顔が映しだされたあと,その謎とき,つまりゆっくり化粧を落としながら素顔を暴露していくようなパフォーマンスも。げっ,ウッソー,これってサギじゃん。

かくして,誰でも技術と工夫しだいで,まったくの別人28号におおばけできることに。また,化粧というつかの間の変身にあきたらなければ,一念発起しエイヤッとそのものを作りかえてしまうことも。

思えば,梅沢さんの「夢芝居」がヒットしはじめた頃に私は家内とつきあい出したようです。デートの最中に,もしかすると梅沢さんの話題があがっていたかもしれません。

家内は開口一番,<わたしってオテンバなんです>,と豪語したくらいなので,その頃も,いまも,白塗り仮面になったのを殆ど見たことがありません。娘も顔にベタベタ塗りまくるのが大の苦手。

そんなこともあってか私も,化粧っ気のないごく自然な表情を好むようになったのかもしれません。歳いったら誰でも経年劣化していくんだから,無理してお金をかけて似合わないお面をつけるのはムダ。ナチュラリストってこと。

こんな風に,デリケートな女子ごころを思いやる気がさらさらないので,いままでずっと女子にもてたためしがなかったのでしょうね。

2020.5.29 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 10:05| 周辺 | 更新情報をチェックする