2019年11月07日

判定

審判の公正を期すため,今ではチャレンジやラグビーでおなじみになったTMOなど,殆どの競技でビデオ判定が採用されています。かっては審判の判断は絶対であり,たとえグレーな部分があったとしても,怒り心頭に発した監督が猛然と抗議したとしても,審判の下した判定がくつがえることはありませんでした。

試合が終わったあとのスポーツ・ニュースなんかで,あれれやはり誤審じゃねえかよ,と判明しても,もちろん後の祭り。されど,それに対して<あのミスジャッジした審判はけしからん>と非難に出る人はまれ,<審判とて人の子,まちがえることだってあるわいな>と妙に納得してしまうことに。それゆえ,人の子である審判をいかに味方につけることができるか,というメンタルなかけひきも重要な戦略となったわけです。

話は少し変わって,
意図せぬ失言というより,むしろ本音に近い放言がもとで,来年から始まる新たな大学入試科目・英語の本質的で致命的な欠陥が白日のもとににさらされてしまい,非難ごうごうで引っ込めざるを得なくなってしまいました。

更に,所定の字数内にまとめる国語の文章題の採点の殆どが,おそらくバイトの採点者でなされるため,こんなんじゃ採点の公平性が保たれないよ,とネットで署名を集めた現役高校生たちから指摘されるまでに。

私の今のバイトがまさしく素人の添削者や採点者であるだけに,現役高校生たちが指弾する懸念はいたいほどわかります。

推定50万人の受験生の採点を一定期間で行うのであれば,かりに1人が50人分の答案を採点するとしても,1万人規模の採点者が必要です。採点者が教員経験者ならともかく,どこからか寄せ集めたバイトの採点者であれば,受験生の学力がバラバラなのと同じように,あるいはそれ以上に,その力量もバラバラなはず。

なので,採点の公平性は担保できず,有利・不利が生じてしまうという不安は絶対に解消できません。その理念や趣旨は理解できるとしても,手法という点において,まったく中途半端でいい加減なスキームを作って実行に移そうとする人たちの責任は重たいな。

大学入試制度を選抜の場としてではなく,小学校から大学に至るまで,それぞれのパーソナリティに応じた,連続する学びの場とするような,画期的なシステムを誰か本気で考えてくれない限り,こんなバカげた話が立ち消えることはなさそうですね。

2019.11.7 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 11:37| 諸々 | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

夜空の向うに

C−C−C−C−C−C−C−C−C−C−C−C−O (C=炭素,O=酸素) のように炭素が長くつらなる原子構造は,細胞膜のそれによく似ていて,おそらくこれがヒトを含むあらゆる生命体の<命の根源>となったのではないかと推測されているそうです。

N0887.jpg 40数億年前に太陽系が誕生してまもなく,創成時の木星や金星など大きな惑星の大移動が起こり,移動する際,周囲にある無数の小惑星をあちこちに押しやることになり,そのさいの衝突なんかによって,破壊された惑星のカケラ(隕石)が誕生したばかりの地球にもまいおりることに。

 そのカケラに含まれた冒頭の炭素棒(便宜上のなまえ)が,気の遠くなる歳月をへたのちに,生命の原形のようなものとなり,なにかのはずみで原始的な生命体が生まれたのではないかということ。この炭素棒は地球上にあったという確たる痕跡は見あたらず,それゆえ現在のヒトを頂点とする生命体の源は小惑星のカケラであっただろうと。

ことし6月大きなニュースとなった<はやぶさ2号>がすごかったのは,小惑星リュウグウに特殊な弾丸で地表に穴をあけ,周辺に飛びちったカケラ(惑星内物質)を採取するミッションに成功し,それを持ち帰って分析すれば,地球の生命体の誕生を解きあかすうえで重要な手がかりとなるから。

以上,NHKで放映されていた内容のごくごく簡単なダイジェスト。

さすれば,広大な宇宙には,生命体があふれる地球と同じような条件のそろった星が無限にあるはずで,生命体も無数に存在している可能性も。

むろん,その発生した経緯や環境はさまざまなので,ヒトと同じような高度な知力をそなえた生命体が頂点に立っているだけではなく,太古の恐竜のように原始的な巨大生物がその星を支配している最中だったり,へんてこりんな形をしたアメーバみたいな,とらえどころのない生命体が高度な文明・文化を構築していることも考えられます。

地球の生命体は,ヒトに限らず,子孫を後世に伝えなくてはならないという強烈な本能を造物主よりさずけられています。されど,ヒトは知力がおどろくほど高くてかしこいぶん,考えかたや生きざまの違いなどによって,想定だにしなかった,子孫繁栄とは結果的にあいはんする,無用なあつれきや争いごとを繰り返すことも。ただ,こんなロスは造物主の計算内なのでしょうが。

そんな生命体を進化させてやまなかった闘争本能とは無縁で,手にいれることはなんでもできた古代の皇帝がどうしてもかなわなかった<火の鳥のような永遠の命>をそなえ,繁殖の無用な生命体が,誕生して以来おなじ顔ぶれで平和にくらす星もあるはずです。

スマホのゲームなんかで疲れきった目ん玉をしっかり休ませるためにも,かようにいいかげんな想像をめぐらせながら,しばし夜空の星をながめたりすることも必要かもしれませんね。

2019.9.14 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 09:17| 諸々 | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

黒めがね

サングラスをかけた人は,どこか近寄りがたく,男子であればおおむね冷酷で怖い印象を,女子なら不思議な性的アピールをかもしだすことがあります。そして同時に,それをはずした瞬間,今までいだいていた<謎の期待値>があっけなくどこかへ飛んでしまい,ガッカリしてしまうことも。

かって,怪傑ハリマオの主人公が別の番組で素顔で登場したとき,いっせいに<あーあ,黒めがねをしてたほうがずっとよかったな>というため息がもれたものです。

その少しあと,少年だった私はバスの中で黒めがねをかけた涼し気な美女に思わず見とれていました。降りるバス停がたまたま一緒,そして,彼女は降車間際に一瞬素顔を見せてくれましたが,<アッ,いつも散髪してくれる床屋さんのおねえさんじゃないか>,ごく標準的な顔立ちのおねえさんがこんなにも変わってしまうんだ,と驚いたものです。

また,少し前に高速道路上で,けったいなナリをしたグラサンの男女が暴れまわる動画がテレビで映しだされたとき,素顔の凶暴さを思わず連想してしまいましたが,まもなく逮捕され素顔が知れわたると,<なんじゃこりゃー>

場外馬券場でよく見かけるブツブツ愚痴をこぼすさえないオッサン,年齢相応にくたびれはてたしょぼいオバハンだったので,世間の期待する<凶悪の予想>はこっぱみじんに吹き飛ばされてしまうことに。ハゲかくしの帽子,コケおどしのグラサンだったのかよ…

彼と彼女にとって,サングラスとは戦隊ものや仮面ライダーの<変身スーツ>と同じ物だったのかもしれませんね。

目の動きや表情が一切読み取れない黒メガネをかけた瞬間,悪の権化に変身し,命知らずの正義感みたいなものがふつふつと湧いてきたのでしょう。なので,バカは死ななきゃなおらない,という格言でも進呈することにしましょうか。

2019.9.13 ふみよ
posted by Don and Mama Mind at 19:54| 諸々 | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

ひとりモンク

見聞きする人が思わずまゆをひそめてしまう様子を楽しむかのように,わざと思いっきり奇天烈な格好とか言動をとる人はいつの世にもいるものです。

<腰パン君>といって,ズボンを激しく下にずらして足が極端に短く見えるようにしたり,女子であれば<顔黒(ガングロ)>にしたり,風呂に入らず服も着替えず不潔こそベストと信奉する<汚ギャル>一味など。

普通の姿はそこそこ標準以上なのに,カッコ良さを追及せず,当然のひんしゅくをかうスタイルを好むあたりは,その年頃に特有な反抗や露悪趣味の発露なのかも。ただ,さすがに腰パンもガングロも汚ギャルも,流行ったのはごく短い間,いつのまにか消滅してしまいました。

セロニアス・モンクという一時代を築いたレジェンドのピアノを聴くたび,わざとカッコ悪く見せる腰パン君を思い出してしまうのです。

ここはこう来るだろうと思っていても思わせぶりに間をおいたり,ここは少し沈黙する所だろうとの期待に反して突然饒舌になったり,期待をサラリと裏切るところが面白く,そして飽きない。

変人のあだ名をちょうだいしましたが,ユーチューブに上がったライブを見ていると,自分のソロパートが終わると,やおら立ち上がり,次のソロを受け持つ,テナー奏者やベーシスト,ドラマーの演奏をじっと動かずに観察する姿は,異様というか不気味というか。引退前後に躁うつ病をやんでいたという噂もあったとか。

されど,ジャズプレイヤーとしては比較的長生きしたほうで,晩年は心優しい相方(配偶者)にも恵まれたようです。

私が好きな作品は,<ソロモンク>という,モンクのピアノソロだけで構成されたアルバムです。ラブソングを集めたものですが,全部がぜんぶ素晴らしい。モンクのオリジナル<ルビー・マイ・ディア(愛しのルビー)>は,誰を想って作ったものなのでしょうか?

◆ Thelonious Monk Ruby, My Dear https://www.youtube.com/watch?v=jymS_7zyy7c

2019.8.24 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 11:47| 諸々 | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

となりの

夫婦ふたりで長年洋食屋を営んできたご主人が不慮の病に倒れてしまい,死期がせまったある日,長年連れそった奥様にこう頼んだそうです。<俺が死んだら,いつも店の調理場で着ていた仕事着(コックコート)を着せて棺桶に入れてほしいんだ>

唐突な申し出に奥様は<なぜ?>と問いかけると,<まだ店の借金が残っているだろう。お前ひとりに押しつけたまま先に逝ってしまうのはどうにも心苦しい。だからあの世に行ってもすぐ働けるようしたいんだ>,そう答えたとか。

N0882.JPG神戸淡路大震災のため,ご夫婦の店も住まいも全壊,何もかも失ってしまったそうです。すっかり途方に暮れながらも,まだ互いに若かったこともあり,何のこれしき,とはてしないマイナス・スタートからやり直す決意を固め,銀行から融資を受け洋食屋を再開したとのこと。

なんとか店のほうも軌道に乗り,なじみのお客様もどんどん増えてすっかり町の顔になってきたのに,好事魔多しとはこのこと,ご主人に不治の病が見つかり,発見したときにはかなり進行していて余命が数カ月,ご主人は<俺はまだまだたくさん働きたかった>と奥様の前で人目もはばからず号泣したそうです。

かといって奥様には調理の経験もなく,ご主人が亡きあとは店を継ぐことはできないので,店をたたむつもりでいたようです。されど,死ぬ間際の言葉に接した瞬間,ハートに火がついてしまったのです。

<俺の味が出せなくても構わないんだよ。お前が一生懸命でやっていれば,お客は必ずついてきてくれるもんさ>そんな優しい励ましもグイと背中を押してくれたとか。こうして,ご主人が存命のころと変わらぬファンが毎日たくさんやってきてくれるように。

こんな素晴らしい話ってあるのですね。これは関テレで平日の10時すぎから毎日放映される,<となりの人間国宝>のワンシーンでした。技芸を極めた人間国宝ではなく,どんなに辛いことがあっても人生を前向きに明るくとらえることのできる名手という点で,人に感動と勇気を与えてくれると考えたら,これも貴重な宝であるに違いありません。

2019.6.28 いろは
posted by Don and Mama Mind at 08:53| 諸々 | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

ばればれ

子供の可愛いウソって何かありますかという問いかけに,<おもらししたのに,おしりがあつくてアセかいた>とか<こっそりお菓子を食べたのに食べてないと言いはるそのお口にお菓子のカケラがついてた>そんな実例が。

N0885.jpg いずれもバレバレなのですが,必死に自分なりの可愛い言い訳を考える姿に,お母さんはついクスッと笑ってしまいながらも,<でも,ウソつきはいけないよ。つぎからがんばろうね>などとやさしくさとすものです。

 一方いい歳した大人がつくウソは,はなはだ見苦しい限り。

 自信満々に言い放ったのに,その弱点をすぐさま看破され,劣勢に立たされてしまうおそれありと察知するやいなや,どうにも辻褄の合わない屁理屈をこじつけては,ボクちゃん<そもそも,それはなかったこと>にしちゃおう,だって。

面白おかしくヤユするSNSとかワイドショーみたいな<超速攻の語り部ツール>が未熟であったひと昔前なら,何事もなく過ぎ去ったのかもしれませんが,今はアホなこと言ったり,したりしたら,アッという間にそこだけキリトリされて一斉攻撃のマトになってしまい,取りつくろえばつくろうほど,倍返しで足を引っ張られてしまうことに。

なので,それに気を付けようねと注意喚起をしたばかりなのに。失言を繰りかえすオヤジーズは,どこか憎めないところもあって,来たか(やらかしたな)とばかりに皆が一斉蜂起し集中攻撃できるってことは,言いたいことさえ言えない所に比べたら,むしろ平和で幸せなのかも。

されど,可愛いウソをつく子供ならなんとか正しい道へと導く余地は十分に残っていますが,ウソやその言い訳があまりにお粗末すぎる大人の集団には,<でも,ウソつきはいけないよ。つぎからがんばろうね>,と声をかけてもおそらく知らんぷり,どうにも救いようがありません。

2019.6.15 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 09:03| 諸々 | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

圧巻WBSS

圧勝!やはり尚弥は強かった。左フックがきれいに決まったあと強烈な右のボディブローに顔をゆがめロドリゲスは戦意を喪失,とどめの左ボディが入ったところでレフェリー・ストップ。次のノニト・ドネアとの決勝戰が激烈な楽しみに!

これが一番見やすくてわかりやすい ↓

昨年10/7,横浜アリーナで行われたWBSSの1回戦,第1ラウンドの1分を過ぎたあたり,素人目には序盤の挨拶がわりに軽くはなったとしか見えないワンツー,されどこれが寸分たがわず相手の急所をとらえ,相手はたまらず両足そろえて後頭部から倒れ,もう起き上がる気力も気配すらなし。

N0873.JPGWBSSとは,World Boxing Super Series を略したもので,現在4つあるボクシング団体(WBA,WBC,IBF,WBO)の強者の中で誰が一番強いのかハッキリ決めようじゃないかということで,2017年から始まったもので現在2回目のシリーズが進行中,バンタム級とスーパーライト級が対象となっています。

井上選手は現在WBAのバンタム級王者ですが,3日後の5/19に英国のグラスゴーで戦う準決勝の相手は,プエルトリコ出身のIBFの王者エマヌエル・ロドリゲスという強打の持ち主。

年齢も体格も,そして基本的に相手をKOで倒すというスタイルは両者ともほぼ同じ。下馬評では井上有利ともささやかれていますが,コンマ数秒という一瞬のスキに強打を決めることができたほうがおそらくKOで勝つはず。なので,正直なところ勝利の女神がどちらに微笑むかは全くわかりません。

井上選手の所属ジムとの契約条項には,<強い相手と対戦すること>,という条項が入っていたとか。おそらく今でもその特約は続いているのでしょうね。

どれほど強い相手を倒そうが,更なる高い目標をすぐさま設定しなおし,ゼロスタートでひたむきに全力疾走する真摯な人生スタイルを貫くかぎり,ちょっとやそっとのことでは負けるはずはない,と信じて応援することにしましょうか。

2019.5.16 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 09:17| 諸々 | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

見たくない

愛すべき”おばちゃんず”と同じでワイドショーを見るのが大好きなのですが,取り上げられるネタによっては,即スルーしてしまうことも。ハラスとふりんもの,それからスモールーム案件がそれ。

スモールームとは,相撲部屋のことではなく,体温計など健康医療器を作るメーカーとよく似た姓を持つ,みながよく知るあの方のこと。テレビにあの方のいつも決まった何通りかの動く姿が繰り返し流れてくると,猛烈に気分が悪くなってしまうので,すぐにチャンネルを変えてしまいます。

そろって雲がくれの術を使い,世に流布するのはだいりにんと称する第三者経由の,これ本人からですよ,とのことづてだけ。本人の肉声が聞こえないので,一体なにを考えているのか,事実も殆どがやぶの中,さっぱりわからない。

倭国のメディアはこぞって遠慮がちに,同じ所見をしつこくむしかえすばかりで,それ以上は切りこみません。まあ,それもしかたないことか。されど,<事実だけを冷静に客観的に分析してみれば,こんな結論以外,考えようがねえだろう>といとも簡単に断罪できるのが海外メディア。これが一番わかりやすいし,説得力もある。

その関係者たちのたたずまい(人間性)がどのようなものか,類推以外の手立てはありません。また,この先どのような結末が待ち受けているのか想像も及びません。すきなことばが,れッいッびー,あるがまま≒おもいのまま,なんだって,なるほど。まわりに敵はいても味方は限りなくゼロ。本来神話であるべきなのに,ありえねーほうの神話じゃな…

一つだけ言えるのは,テレビであの方のいつも決まった何通りかの動く姿だけは絶対に見とうない,ただそれだけ。

2019.5.14 よいつ
posted by Don and Mama Mind at 21:02| 諸々 | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

短命にて

ブッカー・リトルはわずか23歳でこの世を去ったトランぺッターですが,リーダー・アルバムの数点,またサイドマンとして参加した作品において,大きな存在感を示しました。

N0876.jpgとりわけ,10歳ほど年上の荒ぶる神エリック・ドルフィーを<手なづける>ことができたのは,おそらく彼ぐらいであり,ドルフィーのバスクラ,アルト,フルートいずれの楽器にもぴったり息のあったアドリブを展開してくれる,相性が最高の相棒だったのです。

同じ楽器の短命の先輩には,古くはビックス・バイダーベック,近くにファッツ・ナヴァロとクリフォード・ブラウンが。彼らもみな20代で鬼籍に入りましたが,ブッカーも含め共通しているのは,音色が飛びぬけて澄みわたって美しかったこと。

余計なことを考える必要もなく,また力量のおとろえを技巧などでごまかす必要もない年頃だったので,にごった音がまぎれこむ余地が一切なかったのでしょうね。

ブッカーの音色には,どこかかなしみのようなものが漂って聴こえてくるのは,やがて自分に訪れるであろう運命を薄々悟っていたからなのでしょうか。


2019.5.10 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 21:07| 諸々 | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

よくある話

イイ人にフラれたんだって,お気のどくさま。でもね,世の中どんどん変わっているんだし,それ考えたら,人の気持ちが変わるなんてこと,よくある話,大したことじゃないんだよ。

つい先ごろ2代前になってしまった昭和の頃には,いわゆる<根暗うた>というジャンルがあって,歌詞からして,歌手の風貌からして,思いっきり暗さ爆裂ソングがあったものです。ま,幸せよりは不幸せな出来事が発端で,人を感動させる作品ができあがるのは,少なからず事実とは言えますが…

ただ,その原因を概ね,せちがらい時代とか社会という抽象的なコンセプトになすりつけてしまうのは,手っとり早く安易な手法だったとはいえ,まだそこには,<おおらかなゆるさ=どうにかなるかもしれない>を感じていたからなのかもしれません。なので,そこには外見の暗さばかりではなく,ほのかな光明もどこか同居することに。

先行き本当にどうにもならないことは,どうなげいても,どうあてこすってみたところで,せんないことなので,いじることはできません。どこか望みがあるからこそ,自嘲気味にいじってみても共感を呼ぶことができるのでしょう。

最近の歌はあまりよく聴きませんが,この<根暗うた>みたいなものをあまり耳にしなくなったような気もします。もしかすると,どこか可愛らしい<根暗うた>が巷で,はやり出したら,気がつけば幸せな人たちをあちこちで見かけるようになるのかもしれませんね。

◆ 日吉ミミ 「男と女のお話」

2019.5.7 ひふみ
posted by Don and Mama Mind at 15:22| 諸々 | 更新情報をチェックする